April In Paris

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報思念統合体

<<   作成日時 : 2010/03/02 02:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は一日オフだったので、こないだ見れなかった「涼宮ハルヒの消失」を見てきました。


日付が運よく1日だったのでラッキーと思いましたが、平日の15時35分始まりにも関わらず人の多いこと。


つかこれほとんどヒマな大学生やろ(笑)


400席近くはあろうかという大きなスクリーンを、大学生たちが埋め尽くしておりました。(ほんまに社会人ぽい人が見当たらん…)


思えば大学はもうとっくに春休みなんですよねーうらやましい。




内容はというと、テレビシリーズとはちょっと違う、なかなか切なくて、感動できるものでした。


正直原作読んだのが結構前なので、だいぶ忘れてるところもあって、なんかその巻だけ随分毛色の違う話だったなぁぐらいは覚えてたんですが…


だいぶ新鮮な気持ちで見れました(笑)


原作は実際のところそんなにページ数のない巻なんですけど、こうやってこの話だけクローズアップされると、ハルヒシリーズの中でこの話がいかに重要だったか、再認識させられましたねぇ。


ジムノペティ1番が随所に使われてたんですけど…いやぁ、切ない。


まぁ、見てもらえればわかります。


あと、エンドロールも印象的でした。


というか、歌が、ですね。


もちろん歌の良い悪いでいえば当然いい歌でしたが、それよりもなんであんなスタイルをとったのか、という点で印象が強かったです。


CDもおんなじスタイルので入ってるんかな?


演奏する側の立場から言えば、随分チャレンジャーやなぁという感じですね。


あれは相当勇気がいりますよ。


でも、あえてあのスタイルだったからこそ、より強く心に沁みた気がします。


あそこでもっと色々余計なものが入ったスタイルやったら、たぶんぶち壊しやったでしょうね、今考えると。



まぁとにかく、なかなかの良作です。


ハルヒ知ってる人は是非。







P.S.


作品はいいのにパンフ高い。

一冊1000円て…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
情報思念統合体 April In Paris/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる